鹿児島県写真協会について

村上 光明

鹿児島県写真協会
会長 村上 光明

県内の19の写真団体で構成する鹿児島県写真協会は、お陰さまで40回の節目を迎えます。

芸術の秋に毎年開催しています鹿児島合同展の第1回は1977年10月中央公民館をお借りして開催され県写真協会の前身「鹿児島合同写真展運営委員会」が設立され8団体60名余りの参加者で開催されました。
当時の展示は参加グループが其々にテーマを前面に打ち出しクラブの特色が色濃い展示内容でした。
40周年を迎えた本年は過去最高の308点の出品点数となり今後も増加傾向にあると思われます。

また、2015年に開催された『かごしま国民文化祭』では奄美市において全国写真公募展が開催され、県写真協会として鹿児島県と協議し全面的に協力させて頂きました。
さらに国際交流では鹿児島県の友好都市「韓国・全羅北道・写真作家協会」の皆様の作品を昨年に続き本年も招待展示致します。

また本年は記念展として幾つかの企画を開催いたします。
10月29日は40周年記念祝賀会を催し、原口 泉(県立図書館館長)氏と田村省三(尚古集成館館長)氏をお迎えし薩摩藩と写真の歴史についてご講演を頂きます。
さらに祝賀会では全羅北道写真作家協会会長をお招きし鹿児島県写真協会との友好の盟約を交わす予定です。
記念展に合わせ会員作品を掲載した40回記念写真集(203名参加160ページ)も発行し関係機関に配布いたしました。
現代の記憶が記録として残る秀作となっておりますので是非ご覧ください。
また、30日(日曜日)には会場に写真家の安珠(アンジュ)さんをお招きし講評会も計画致しております。

結びに、第1回から共催を頂いております鹿児島市・鹿児島市教育委員会様、昨年度からご後援の鹿児島県の関係各位様へお礼申し上げます。

鹿児島県写真協会 概要

会 長 村上 光明
副会長 前原 益雄、出水 稔二
事務局長 西村 正一郎
会 計 仲村 律子
監 事 立野 和行、貴島 浩一
運営委員 森崎 芳春、山上 昇、海江田 昌邦、熊副 穣、吉名 康展、竹之内 祐司、神宮司 耕二、菊川 浩行、徳田 徹、久留 義孝、有馬 純彦、東 竜也

鹿児島県写真協会 事務局

住所 鹿児島市上之園町16-16
電話番号 099-203-0099(村上写真事務所)
FAX番号 099-203-0099